歯科矯正系

歯科矯正 (歯列矯正)

キレイな歯並びと笑顔は最大の魅力と実力!

歯列矯正とは一般的に歯並びの不正を治す治療のことをいいます。しかし、単に見かけをきれいに並べるだけではなく、歯を中心とした咀嚼器官、顔の形(顔貌)、機能の回復をはかり、噛み合わせの状態、発音そして全身の健康に影響を及ぼす治療の分野のことを指しています。

歯科矯正の原理

歯は外力を受け続けると、その方向に動く性質があります。
その性質を利用した矯正装置を口の中に装着して、目的の歯に一定の力を加えることで人工的に歯を動かして、きれいな歯列にしたり咬合を改善したりします。

利用部位

  1. 審美面の改善…単に見かけをきれいにするだけでなく、成長期の子どもには適正な顎顔面の発育を促します。
    《歯並びの改善》きれいな歯並びにより口元と自分に自信が生まれる。
    《プロファイルの改善》歯を適正な位置に移動することで自然な口元が得られる。
  2. 咬合の改善…正しい咬合とは、上下の歯が単に噛み合うだけでなく顎関節と調和して機能すること、さらに全身とのバランスが取れている状態のことです。
    咬合に問題があると歯に悪影響が出るだけでなく顔の歪みや変形をきたすことがあります。
  3. 齲蝕(虫歯)、歯周病の予防…歯並びが悪いとプラーク(歯垢)が停滞しやすく、齲蝕や歯周病になりやすくなります。矯正治療で歯並びを整え、効果的に歯の清掃ができる環境をつくり問題を解消することができます。

歯列不正の分類

  1. 叢生(そうせい:がたがたの歯並び)
    歯が重なり合って生えている状態で、八重歯も叢生の一種です。
  2. 上顎前突(じょうがくぜんとつ:出っ歯)
    上顎が下顎よりも前方に出ている歯並びのこと。
  3. 下顎前突(かがくぜんとつ:反対咬合、受け口)
    下顎が上顎よりも前方に出ている歯並びのことです。
  4. 開咬(かいこう:オープンバイト)
    奥歯は噛み合っても、前歯部が噛まないで開いている状態のことです。
  5. 空隙歯列(くうげきしれつ:すきっ歯)
    歯と歯の間に隙間が開いている状態のことです。 見た目が気にならなければ特に問題はありませんが、どうしても気になる時には矯正治療や、ラミネートベニア(付け爪のようなもの)などで修復することもできます。

形態

歯科矯正装置の外観は、大きく分けて次のようなものがあります。

  1. ワイヤー矯正…ワイヤー(弾力線)の復元力を利用したもので、最も多く利用されています(マルチブラケット、ユーティリティアーチなど)
  2. 拡大装置…歯並びだけでなく顎の大きさを広げるためのデンチャーのような床タイプの装置やワイヤータイプのものがあります。
  3. マウスピース矯正…トゥースポジショナーともいい、マウスピース型の装置を交換しながら歯を矯正するものですが、比較的軽微な矯正にしか適しません。

材質

ワイヤータイプ形で使われるワイヤー(弾力線)は主にCo-Cr合金やTi-Ni合金が使われ、ワイヤー同士の接合には銀ロウやレーザー溶接などが使われます。
床タイプでは、アクリル樹脂などの固まるプラスチックが主に使われます。
マウスピースタイプでは、既製の樹脂板を特殊な装置で加熱吸引して作ることが多いです。

メリット

装置の種類が多いので個々の説明は割愛しますが、乱れた歯列をそのまま放置すると、虫歯や顎の発達阻害、歯列異常、顔貌変化、全身疾患等の様々な悪影響が現れます。
乳歯段階の早い時期から矯正をすることにより、永久歯を抜歯することなく無理なく美しい正しい歯並びにすることが出来ますが、永久歯が生えてからの矯正では、歯を動かすスペースの関係上、抜歯をする場合が多いです。

注意点

矯正は、歯が動き終わったら治療終了ではありません。そのあと数ヶ月から数年間は「保定」を行い、移動した歯がまた元の場所に戻らないようにしなくてはいけません。
保定期間中は、保定装置(リテーナー)を装着します。
また、矯正治療中は、口腔内が不衛生的になりやすいのでブラッシングや定期的な診察が必要です。