クラウン系

オールセラミック (IPS e.max)

プレステクニックの最高峰!

IPS e.max プレスは、プレステクノロジーのためのニケイ酸リチウムガラスセラミックスです。
IPS e.max プレスは、400MPaの強度を誇りながらも同時に適合の正確性、審美性を兼ね備えています。また、高い強度を備えながらも、天然歯に近い硬度で対合歯に優しい素材と言えます。インゴットは4段階の透明度、2つのサイズがあり、隣接歯の色調に合わせて天然歯のように審美的な表現が可能です。

利用部位

シンベニア・インレー、アンレー・パーシャルクラウン・クラウン
前歯と小臼歯のブリッジ・インプラント上部構造

種類

■ステインテクニック

コーピングではなく、すべてをe.maxで作製し、天然歯の色彩をペイントで仕上げていく方法です。陶材を築盛していないワンピース構造なので耐久性に優れています。

■レイヤリングテクニック

e.maxのコーピングに、各シェードのセラミック陶材を築盛して仕上げる方法です。幅広いシェードの症例に対応することができ、ファイバーコアの併用により、光の透過性に優れたコーピングがより審美性を高めます。

メリット

  • 高強度 (400MPa)で高い審美性を有します。
  • MI 修復で、正確に適合する修復物
  • 支台歯のシェードに関係なく、天然歯のような審美性を表現できます。

注意点

大臼歯ブリッジには基本的に適していません。