オールセラミック(ジルコニア系)

メタルフリーでアレルギーさようなら!

ジルコニアセラミッククラウンは、メタルボンドで使用する内面の金属の代わりに、ジルコニア(酸化ジルコニウム)を使用したもので、
金属を全く使用しないので、金属に起因する歯ぐきの変色、アレルギーなどの心配がありません。

利用部位

強度も強いので、奥歯やブリッジに使用することも可能です。

材質

ジルコニア(最近はいろんな種類のジルコニアがありますが)基本的には酸化ジルコニウムが主成分です。

メリット

  • 色が歯に似ているので見た目が良い。
  • マスキング効果に優れているため、土台の金属が透けて見えない。
  • ジルコニアは割れにくく、ほとんどの部位に使用できる。
  • 金属を一切使用しないので、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどの心配がない。
  • 仮止めで様子を見ることができる。(オールセラミッククラウンは基本的に仮止めができません)

注意点

  • 歯を削る量が比較的多い。
  • 天然の歯より硬いため、周囲の歯やかみ合う歯を痛めることがある。
  • 比較的新しい補綴法なので長期的予後については、まだはっきりとは分かっていない。
  • 将来的に歯茎が下がって、歯と歯茎の境目が見えてくることがある。
  • ジルコニア自体が割れることは非常にまれだが、ジルコニアを覆っているセラミック(陶器)の部分が割れることがある。
  • 保険外の治療なので、値段が高い。