ハイブリッド前装冠(インレー、クラウン)

コストパフォーマンスに優れた、高品質の自然な色合いの歯です。

セラミックの強度と硬質レジンの優しさを融合させた天然歯に近い優しい補綴物です。
歯の色合いに近く審美性に優れ、外から金属が見えるのに抵抗がある方に特にお勧めです。
コストパフォーマンスにも優れています。

利用部位

前歯部、臼歯部の主に単冠の審美的な回復に使用します。

形態

保険治療のインレー、クラウンに準じます。ただ、歯科医院での形成には特有の形成を必要とします。

材質

臼歯部を審美的(見た目よく)に回復するには、メタルボンドやオールセラミックなどの自費診療しか方法はありませんでしたが高額であり、また天然歯より硬く対合歯の磨耗を招くなど問題もありました。
このような観点から、主にメタルボンドに代わり「ハイブリッドセラミック」がよく使われるようになって来ています。

ハイブリッドセラミックとは、セラミック、シリカ、ジルコニアなどの粒子をフィラー(骨材)として、レジン(プラスチック)に混ぜ合わせた材料のことです。

メリット

メタルボンドやオールセラミックよりも天然歯の硬さに近く周囲の歯にダメージを与えにくい材質です。
メタルボンドやオールセラミックと遜色ない自然な色調を再現することができます。

金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯肉の変色、金属アレルギーなどが起きません。
金属のコーピングを使えば、ブリッジも可能です。

自費診療ですが、メタルボンドやオールセラミックに比べ安価に治療できます。

注意点

オールセラミックに比べると若干色調が劣ります。
また個人差がありますが 硬質レジンジャケット冠ほどではありませんが、時間が経つと多少変色します。

セラミック系クラウンより柔らかく、すり減りやすいです。(これはデメリットでもあり、メリットでもあります)
噛みあわせによっては割れる(チッピング)ことがあります。

症例

金属を使ったインレーやクラウンに比べ、天然歯の色調の補綴物となり審美性に優れています。口元に自信が戻ります。