デンチャー系

磁性アタッチメント義歯(マグフィットデンチャー)

磁石の力で簡単装着

一般的な部分入れ歯では義歯を歯に固定するために金属のバネを使いますが、見た目や付け心地が悪かったり、総義歯では外れて落ちたりする場合もありました。磁性アタッチメント義歯は歯の根っこに磁性金属を、義歯の中に小さな磁石を組み込んで磁石の力で義歯を固定します。見た目や付け心地、噛みごたえも向上します。

利用部位

少数歯~総義歯までほとんどの症例で製作可能です。

形態

総義歯は通常の形態が多いですが、磁性体(マグネット)の数が必要十分な場合には口蓋部分をくり抜いた馬蹄形の義歯にすることもできます。部分義歯は磁性体(マグネット)で固定するため金属バネが不要なケースもあります。

材質

磁性体はメーカーにより多少異なりますが、害のないような構造および材質となっています。
詳しくは、メーカー様のウェブサイトにてご確認ください(別ウィンドウで開きます)。
>> マグフィットOnline(愛知製鋼)

メリット

装着方向がクラスプに左右されないため、自由な装着方向で取り付け取り外しがワンタッチで容易です。また構造がシンプルで手入れしやすいです。
義歯に有害な側方力(横からの外力)が加わると容易にマグネット部分から義歯が外れ、磁性体キーパーの土台となっている歯根膜を痛めにくく、また磁力でもとの位置に戻ります。

注意点

磁性体を埋め込むための失活歯があることが前提ですが、インプラントを応用して磁性体キーパーの土台として活用することも可能です。