ABEデンチャー(SILLA SYSTEM)

究極の総義歯製作システム

歯科疾患を単に癒すのではなく全身の健康保持を目的とした咬合機能と審美的要求にも対応した義歯製作システムです。
弊社は「ABE SHILLA SYSYTEM」の公式認定ラボです。

利用部位

主に総義歯の製作

形態

普通の総義歯に似ているが、一般的に舌房が広く若干大きめです。
また、希望すれば咀嚼効率の良い咬合面が金属でできた「ブレード臼歯」も選択でき、一層咬合力が向上します。

材質

歯茎や口蓋部の歯肉色の部分は「イボカップシステム®」で射出重合したレジンです。
人工歯は主に硬質レジン歯が使用されますが、陶歯や写真のような白金加金を使ったブレード臼歯もご使用になれます。

メリット

科学化された義歯製作システムにより、自分の歯があった時の状態に近い顔貌の回復と、優れた咀嚼機能の回復が期待できます。

患者様の声

今までは好物の肉類を噛み切って食べることが出来なかったので小さく切って食べていましたが、
今は自分の入れ歯で噛み切れるようになりました。
他の食べ物も食感がわかるようになり美味しく食べられるようになって日々の暮らしが楽しくなりました。

注意点

本システムを取り入れている歯科医院でなければ製作できません。

症例

患者様の生体計測を科学的に義歯製作にトランスファーされているため、生理的に調和した義歯が完成します。
旧義歯に比べて舌房が広い安定した義歯で、咬合力も向上します。