チタン床・金属床デンチャー

薄い金属で温かい・冷たいなどを感じ食事を美味しく戴けます。

義歯床にチタンやCo-Crなどの金属を使用することで、従来のアクリルレジン義歯に比べて薄く作ることができ、
装着感、熱伝導性、耐久性に優れています。

金属は吸水性がなく汚れが付きにくくなっています。
また、チタンは生体親和性に優れた金属であると同時に従来の金属床に比べ軽く仕上がります。

利用部位

1本義歯から総義歯までほとんどの症例で製作可能です。

形態

上顎は口蓋部が薄い金属になります。下顎では舌側が部分的に金属になります。
部分義歯では、欠損部位により様々なバリエーションの設計が可能なため形も多様となります。

材質

現在でもCo-Cr合金が一番使用されますが、鋳造技術や材料の進歩によりチタン合金や純チタンも増えてきました。
金合金が使われることもあります。

メリット

床が金属なので樹脂素材に比べ非常に薄く仕上げることができ装着感の向上と、自然な舌感が得られます。

また、部分床義歯ではバーなどの維持装置の設計自由度が高く理想的な設計が可能で残存歯への負担軽減が期待できます。
レジン床に比べ丈夫で割れにくいです。

注意点

日頃のお掃除が義歯とお口の中を清潔に保ちます。
異常がなくても、定期的な歯科医院での検査が残った歯を守ります。

症例

金属床の最大のメリットは、その薄さと丈夫さです。
また設計の自由度が高いために薄く異物感の少ない付け心地のいい義歯になるとともに、審美的にも優れた設計が可能になります。