キレイデス (Non-Clasp)

金属バネがない、薄くて軽い優しい付け心地

義歯床に柔軟性のある特殊素材を使用した義歯です。
金属クラスプを使用していないので審美性がよく、軽く薄く仕上げることができます。

粘膜と義歯の段差も少なく、食物も詰まりにくい構造です。

利用部位


少数歯欠損症例から多数歯欠損症例にも対応可能です。


特徴

通常の金属クラスプを樹脂製のアーム(ウイング)に置き換えた形態の義歯です。

材質

熱可塑性樹脂(熱を加えると軟らかくなる)を使用していますので、加熱重合レジンのように残留モノマーによる刺激がありません。
もちろん厚生労働省認可の材料です。

メリット

前歯~小臼歯に通常の金属クラスプを使うと、笑ったときなど外から見える事が多かったのですが、金属クラスプを使わない「キレイデス」では、アームに透明感があり義歯を装着していることにほとんど気づかれません。

また、アームが比較的広い範囲を包みますので、硬い金属クラスプと異なり歯を締め付けず優しい装着感が得られます。

注意点

日頃のお掃除が義歯とお口の中を清潔に保ちます。
異常がなくても、定期的な歯科医院での検査が残った歯を守ります。

症例

一般的な義歯(左)では、金属のクラスプを前歯に使用しているため、会話や食事で金属クラスプが目立ってしまいます。
この義歯をキレイデスで作り直したところ、右の写真のように、クラスプが目立たず自然な口元になりました。

キレイデスで、会話や食事も楽しくなります。