症例紹介

デンチャー系

  • 〈デンチャー系〉オリジナルデンチャー 症例

    通常の保険義歯では金属バネや左右の義歯をつなぐバーなどを、バラバラに製作して最終的にプラスチックの義歯床で固定していましたが、愛歯オリジナルデンチャーでは、複数個の部品を治療の最初の段階でワンピース製作するので、部品ごとの位置関係や部品と口腔内の位置関係が完成まで正確に保たれますので、正確な義歯を作ることができます。

>> デンチャー系症例 一覧

クラウン系

  • 〈クラウン系〉ハイブリッド前装冠 (インレー、クラウン) 症例

    金属を使ったインレーやクラウンに比べ、天然歯の色調の補綴物となり審美性に優れています。口元に自信が戻ります。

>> クラウン系症例 一覧

インプラント系

  • 〈インプラント系〉インプラント 症例

    喪失歯が1~2本の場合でも、ブリッジによる健全歯を削ることのリスクを回避でき、また部分床義歯のように金属バネによる審美性の低下と異物感、咬合力の低下を最小限にすることが可能です。

その他

  • 〈その他〉スポーツマウスピース 症例

    既製品のマウスピースと異なり、歯科医師による正確な歯形の印象と、歯科技工士による製作と細部にわたる調整により、ユーザー様の歯にピッタリとフィットします。
    スポーツの種類やポジションによりマウスピースの厚みも変えることができます。